オーナー制度受付終了

本日、2017年度オーナー制度の受付を終了させていただきました。

これまで、たくさんの方にオーナー登録していただきました。
ポンカン生産者ともども、心より感謝いたします。
また、今年から始めたこの制度ですが、予想以上に共感していただける方が多くて、大変うれしく思っています。
オーナーの皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございました。

オーナー様からのご寄付の一部は、来年のポンカン作りに活用させていただきます。
特に、担い手不足などにより広がる耕作放棄地。ポンカン畑も例外ではなく、放置されるポンカンの木を出さない活動に使わさせていただきます。

感謝の気持ちを込めて、オーナー様には精一杯の量のポンカンをお送りしますね。(お届けは、2018年1月中旬以降の予定です。)

※本ブログは、ポンカンの発送まで掲載いたします。

2週連続の台風

22日は21号台風、29日には22号台風と2週連続して同じようなコースを通過しました。
被害に合われた方には心よりお見舞い申し上げます。

ここ高知県も2週続けて暴風域に巻き込まれました。
21号の時には、高知県の東の方で吹き飛ばされたハウスがあるほどでして、地域によっては農作物に大変な被害がありました。
全国的にみても被害のあった地域があるようなので、11月には野菜が高騰するかもしれません。心配です。

オーナーの木は大丈夫。ポンカンの被害は全くありませんのでご心配なく。

ベストな生育

あっという間に大きくなりました。
野球ボールくらいで、もう少し大きくなるそうです。
綺麗な緑色にオレンジ色が少しかかってきました。

生産者の森田さんより
「収穫量には例年どうり。味も大丈夫。間違いない。」だそうです。

収穫がまちどうしくてワクワクしてきます。


新高梨

高知では新高梨(にいたかなし)が収穫時期を迎えました。
名前の由来は、新潟産と高知産の品種を掛け合わせて作ったので、両県の頭文字を取り新高(にいたか)となったと聞いていました。
ところが最近、DNAとかなんとかで、新潟産は間違いだったなんて判明したそうで、なにがなんだかわからなくなっちゃいましたが名前は新高梨のままです。
この梨はビッグサイズで有名です。
大きいので味がたんぱくかのように思われがちですが、とんでもない!!
甘さとジューシーさは、普通サイズの梨を超えるものがあります。
皆さんには、ぜひ味わっていただきたい逸品です。

ところが、残念なことに、高知では温暖化の影響で収穫量が年々減っていると聞きました。
もしかすると、希少価値でなかなか口に入らない時が来るかもしれません。
価格も今でさえ、お高いんですが、もっと高くなるかもしれません。
今のうちにたくさん食べときゃなきゃです。

写真は左が新高梨で右が通常サイズの梨です。
ちなにみ、この新高梨は 1,200gあって、近所の直販所で1玉1,000円でした。

水晶文旦

涼しくなったと思ったら、ここ数日の暖かいこと。
体調管理には十分お気を付けください。
ポンカンは、暖かい気温を歓迎して、すくすく育っています。

水晶文旦が旬を迎えました。
「文旦の最高峰」「柑橘の女王」なんて呼ばれている高知の特産物です。
普通の文旦は年が明けての3月ごろに旬を迎えるんですが水晶文旦の旬は今!!
この時期になると、文旦好きの方はソワソワしてしまいますね。

オーナー制度 受付終了日のお知らせ

10月31日をもちまして、2017年度の本オーナー制度のお申込みを終了させていただきます。
ご興味を持たれ、まだお申込みになられていない方がいらっしゃいましたらお急ぎください。

オーナー様へお礼
多くの方よりお申込みいただき大変感謝いたします。
オーナーになられた皆様には、収穫量をもとに、できる限り多い量のポンカンをお届けすることをお約束し、お礼とさせていただきます。
本当にありがとうございました。
なお、本ブログは、すべてのオーナー様へポンカンのお届けが終わるまで(来年の2月ごろまで)継続し、現状をお知らせしますので、今後ともよろしくお願いいたします。

摘果

摘果を行いました。
●育ちの良くない実を積み取る。
●間隔のつみすぎた実を摘み取る。(間引き)

  

写真をご覧ください。足元に摘果された緑のポンカンがごろごろころがっています。
惜しげもなく摘み取られるので、もったいなく感じるんですが、これにより残された実にたくさんの栄養が行き届き、より美味しく育つそうです。

台風18号 被害なし

台風18号は、ここ須崎市を直撃でしたが、そのわりに被害が少なくて良かったです。
通過した翌日の18日は台風一過で晴天でした。
とても気持ちいい日だったんで、ポンカン畑の頂上に登ってきました。
眼下に広かるポンカン畑と浦ノ内湾。その先の連なる山は横波半島です。

すごい。
ポンカンの木の枝葉が青空に突き刺さるように、ぐいぐい伸び上がっていました。
台風の被害なんて全く感じさせられない姿ですね。  

ポンカンの実は、テニスボールを少し小さくしたくらいまで育っています。
柑橘特有の皮肌のブツブツがくっきりしてきました。

木も実もとても良好!!
美味しい収穫は間違いなさそうです。

ショウガ畑

朝晩が涼しくなりました。秋の訪れを感じます。
さて、ポンカンには関係ありませんが、この時期、皆さんの地域の畑は、どんな作物で緑のじゅうたんをなしていますか?
お米ですか? キャベツですか?
高知のこの時期は、生産量全国1位のショウガです。
しょうがの成長期で、畑は青々と緑のじゅうたんがあちこちに広がっています。
畑から、ほのかにショウガが香りました。ショウガが大好きです。
10月になると新生姜の収穫が始まります。秋と同じように待ち遠しいです。


ポンカンは順調に成長中です。
猛烈な台風18号が日本本土に接近中で、予想ルートに高知が入っているのがちょっと心配です。

テカテカ成長

強い日差しに気温は連日の30度超え、激しい夕立があったり、まだまだ厳しい夏が続いています。
こんな夏が大好きなポンカンは、テカテカとツヤを増しながら、ゴルフボールより大きく育ちました。

今食べるとどんなお味かな?
多分、レモンの数十倍の酸っぱさに、顔はゆがんでしまいます。
まだ食べられませんよね。

もっともっと大きくなーれ。