2週連続の台風

22日は21号台風、29日には22号台風と2週連続して同じようなコースを通過しました。
被害に合われた方には心よりお見舞い申し上げます。

ここ高知県も2週続けて暴風域に巻き込まれました。
21号の時には、高知県の東の方で吹き飛ばされたハウスがあるほどでして、地域によっては農作物に大変な被害がありました。
全国的にみても被害のあった地域があるようなので、11月には野菜が高騰するかもしれません。心配です。

オーナーの木は大丈夫。ポンカンの被害は全くありませんのでご心配なく。

ベストな生育

あっという間に大きくなりました。
野球ボールくらいで、もう少し大きくなるそうです。
綺麗な緑色にオレンジ色が少しかかってきました。

生産者の森田さんより
「収穫量には例年どうり。味も大丈夫。間違いない。」だそうです。

収穫がまちどうしくてワクワクしてきます。


新高梨

高知では新高梨(にいたかなし)が収穫時期を迎えました。
名前の由来は、新潟産と高知産の品種を掛け合わせて作ったので、両県の頭文字を取り新高(にいたか)となったと聞いていました。
ところが最近、DNAとかなんとかで、新潟産は間違いだったなんて判明したそうで、なにがなんだかわからなくなっちゃいましたが名前は新高梨のままです。
この梨はビッグサイズで有名です。
大きいので味がたんぱくかのように思われがちですが、とんでもない!!
甘さとジューシーさは、普通サイズの梨を超えるものがあります。
皆さんには、ぜひ味わっていただきたい逸品です。

ところが、残念なことに、高知では温暖化の影響で収穫量が年々減っていると聞きました。
もしかすると、希少価値でなかなか口に入らない時が来るかもしれません。
価格も今でさえ、お高いんですが、もっと高くなるかもしれません。
今のうちにたくさん食べときゃなきゃです。

写真は左が新高梨で右が通常サイズの梨です。
ちなにみ、この新高梨は 1,200gあって、近所の直販所で1玉1,000円でした。

水晶文旦

涼しくなったと思ったら、ここ数日の暖かいこと。
体調管理には十分お気を付けください。
ポンカンは、暖かい気温を歓迎して、すくすく育っています。

水晶文旦が旬を迎えました。
「文旦の最高峰」「柑橘の女王」なんて呼ばれている高知の特産物です。
普通の文旦は年が明けての3月ごろに旬を迎えるんですが水晶文旦の旬は今!!
この時期になると、文旦好きの方はソワソワしてしまいますね。