ポンカン生産地:立目(たちめ)

たつ め と書いて たちめ と読みます。
立目は高知県の須崎市の浦の内湾の沿岸にあります。

高知の海といえば太平洋です。荒波や暴風がイメージされる太平洋ですが、浦の内湾は、太平洋から横波半島を隔てた内海になります。
この横波半島が、暴風と荒波を遮る防波堤になってくれているので、湾内は、いつも穏やかで心地よい気候です。

ポンカンの生育には適度な潮風が重要だと言われています。浦ノ内湾からの柔らかな潮風に南国ならではの年中暖かい気温。こんな風土の立目が全国でも有数のポンカン生産地である理由です。

皆様は、この立目のポンカンのオーナーです。

 

※ポンカン畑から浦の内湾の展望です。

※沿岸には、もう桜が咲いていました。

“ポンカン生産地:立目(たちめ)” への1件の返信

コメントは受け付けていません。