摘果(てきか)をはじめます。

横山海空(みく)です。

夏につぎ、草刈りも終わりました。今から摘果を始め、ポンカンをより甘く大きな物にしていきます。

虫が食べていたり、実が多すぎる枝から実を落とし、美味しいポンカンにしていきます。地面にたくさんのポンカンを落すのはもったいない気持ちがしますが、皆様に美味しいと思ってもらえれるポンカンを作っていきます。

ポンカンの実がさらに大きくなっています。

横山海空(みく)です。

7月にご報告させていただいた時よりも大きさが増し、今では10cm程まで成長しています。

これからも、少しずつ成長していき、色も橙色っぽくなっていきます。12月になると収穫時期になるので、楽しみにしています。

お知らせ:オーナー認定証の発送状況

竹村浩司です。

ポンカンオーナー制度へ沢山のお申込みありがとうございます。
オーナー様へのオーナー認定証は、現在、9月20日までに、ふるさと納税ポンカンオーナー制度にご寄附お申込みの手続きが完了しました皆様への発送が終わりました。
まだ届いていない皆様は、もうしばらくお待ちください。


※オーナー認定証は、収穫したポンカンのお受け取り時に必要となるものではありません。オーナー認定証に記述の認定規約にご同意いただきましたら、記念品としてお受け取りください。

ポンカン山の草刈りをします!

横山海空(みく)です。

ポンカン山の草が伸びていました。

ポンカンは、収穫までに何度も草刈りをしないといけませんが、夏場は伸びも早く大変です。なので、少しずつ気温も下がってきていますが、熱中症に気を付けて頑張ります。

ポンカンが成長してきました。

横山海空(みく)です。

ポンカンの木に先月、花が咲いており、今ではポンカンの赤ちゃんになりました。
   

大きさは約8mm程でこれから徐々に大きくなっていきます。成長して収穫できるまで大切に育てていきたいです。

修学旅行生の民泊体験をしました。

横山海空(みく)です。

大阪府には修学旅行の一環として民泊体験を企画する中学校があります。
ここ高知県須崎市は、3年前よりこの企画の受け入れ先に名乗りを上げ、それから、毎年、約8校くらいが須崎市を訪れては、生徒が4.5人のグループに分かれて一般の家庭で民泊をして帰ります。

先日、大阪の修学旅行生(女子4人)が民泊体験に訪れました。じゃがいも植えや、しょうがやかぼちゃ畑などに案内し散策しました。

かぼちゃの畑では、花を初めてみたと興味深々に見ていました。次に来る修学旅行生達には、しょうがの芽が少しずつ伸びてきている様子を見てもらいたいと思います。

ポンカン畑の肥料をまきました。

横山海空(みく)です。

先日ポンカン畑の開墾も終わり、木を育てるための肥料をまき終わりました。

1袋20㎏ある肥料をまくのはとても大変でした。これからさらに暑くなるにつれ、雑草の伸びもはやくなってくるので草刈り、成長したポンカンの葉の剪定などコツコツ努力していきます。